Breadcrumb

関連サイト
BOOKぴあ
BOOKぴあ
書籍版
セブンネット
セブンネット
書籍版
AMAZON

PR

旅鉄オブザイヤーグランプリ獲得、なぜ旅行会社が観光列車をプロデュースし日本一になったのか『“日本一貧乏な観光列車”が走るまで「ながまれ海峡号」の奇跡』発売決定 ~鉄道を通じた三位一体の地方創生~

知恵と情熱で日本一となった北海道の小さなローカル線の物語

旅行会社と鉄道会社、地域住民の三位一体で「鉄道オブザイヤー」グランプリを獲得! この観光列車プロジェクトを牽引した永山茂の言葉からは地方創生の起爆剤となる鉄道観光の未来が見えてくる━━。
3月2日、ぴあ株式会社より『〝日本一貧乏な観光列車〟が走るまで「ながまれ海峡号」の奇跡』を発売することが決定しました。

『〝日本一貧乏な観光列車〟が走るまで「ながまれ海峡号」の奇跡』(ぴあ) 『〝日本一貧乏な観光列車〟が走るまで「ながまれ海峡号」の奇跡』(ぴあ)

Amazon URL https://goo.gl/gTeZi7

 観光列車「ながまれ海峡号」は、北海道新幹線の開業と同時に第三セクターとなった「道南いさりび鉄道」が運行、食事や車内でのイベントなどのコンテンツを、日本旅行北海道の永山茂氏を始めとする日本旅行の社員が企画し、 旅行会社がプロデュースする初の観光列車 として2016年5月より走り始めました。

このプロジェクトを牽引した社員とは、30年以上にわたって日本旅行北海道に勤めてきた観光のプロフェッショナルであり、筋金入りの鉄道愛好家でもある永山茂氏。

ながまれ海峡号は、北海道内でも食事を伴う観光列車としては初の試みとなり、初運行以来ほぼ満席と大好評。そして鉄旅の日本一と言える「2016年度 鉄旅OF THE YEAR」グランプリに輝きました。

豪華な内装が施されているわけでもなく、沿線に華やかなテーマパークがあるわけでもない。それどころか関係者自ら“日本一貧乏"と称するこの小さな観光列車は、なぜ「日本一」に輝いたのか。

そこには旅行会社、鉄道会社、地域住民が三位一体となり、知恵と情熱を結集させて破格の低予算を乗り越えた物語がありました――。

本書は「ながまれ海峡号」運行までの物語を詳細に記し、鉄道を通した地方創生推進の一助ともなる一冊。永山氏と関係者の証言で描きだすこのプロジェクトの“軌跡"からは、地方再生の起爆剤となりうる鉄道観光の未来も見えてきます。
 

<『〝日本一貧乏な観光列車〟が走るまで「ながまれ海峡号」の奇跡』構成>
プロローグ
第1章 北海道新幹線がやってくる!
第2章 誕生、〝日本一貧乏な観光列車〟
第3章 「ながまれ海峡号」を支える人々
第4章 これからの地方創生と鉄道観光
エピローグ


<永山 茂 (ながやま しげる)プロフィール>
1959年京都市出身。大学卒業後、1982年(株)日本旅行に入社。札幌に赴任して以来35年間、継続して北海道の観光現場を定点観測。営業や企画・管理部門・札幌支店長経て、2012年より(株)日本旅行北海道 新規事業室長、2017年より地方創生推進室長(兼務)現在に至る。
新規事業として2012年に訪日外国人向け着地型旅行会社「北海道オプショナルツアーズ(株)」を創業し、取締役に就任。また観光と第1次産業の連携を目指す「(株)あぐりツーリズムネット(農業会社)」を設立、代表取締役に就任。
地域活動団体「北海道鉄道観光資源研究会」の代表として鉄道文化の保全や利活用の取組や、「釧網本線世界遺産登録推進会議」会長として鉄道の観光活用の運動を実施している。
・日本観光振興協会、第9回「産業まちづくり大賞銀賞」受賞(2015年)。
・クラウドファンディング・アワード「READYFOR OF THE YEAR 2015」受賞。
・鉄旅OF THE YEAR受賞歴
 2013年度「廃線探訪」ルーキー賞、2016年度「ながまれ海峡号で行こう」グランプリ受賞
・北海道拓殖短期大学 観光学講師(非常勤)。
・クルーズコンサルタント、北海道観光マスター・札幌シティガイドなど。
・季刊「北方圏」(北海道国際交流・協力総合センター)に「北海道観光の現場から」連載。
 

 

【出版概要】
『〝日本一貧乏な観光列車〟が走るまで「ながまれ海峡号」の奇跡』
3月2日(金)発売
1,400円+税
四六判 192P
※仕様、構成、内容等は変更される場合がありますので予めご了承ください。
発売:全国の書店、ネット書店にて
BOOKぴあ  http://piabook.com/shop/g/g9784835638478/
セブンネットショッピング  https://7net.omni7.jp/detail/1106859949
Amazon URL https://goo.gl/gTeZi7

 

【ご取材・マスコミ関係のお問い合わせ】
ぴあ株式会社 宣伝企画室 TEL:03-5774-5262 FAX:03-5774-5362
担当:粟村 kaori.awamura@pia.co.jp
関連サイト
BOOKぴあ
BOOKぴあ
書籍版
セブンネット
セブンネット
書籍版
AMAZON

お問い合わせ

■出版物の購入に関するお問い合わせ
ぴあ株式会社 出版販売部
TEL:03-5774-5248
10:00~17:30(土日祝・年末年始を除く)
 
■出版物の掲載・報道に関するお問い合わせ
ぴあ株式会社 メディア宣伝企画室
TEL:03-5774-5262
Copyright ©2017 PIA Corporation.